勉強会

 2016-05-06
弊社は本日から連休明けでの業務開始です。人によっては休暇をとっている人もいますが、会社のスケジュールとしては本日から開始。自分などは連休があると調子が来るって体調にも変調をきたすようです。もっとも、いつもと同じように起きて活動開始し、通常通り就寝すればそうでもないのでしょうが、どうしてもいつもと違う日常になってしまうためそうなってしまいます。
というわけで、今日はリハビリというような感じの1日になるのかなと思いきや、決まった予定はあまりないわりには色々あってあっという間にリハビリ完了しました。

それはそうと、5月15日には当社主催の家づくり勉強会があります。ゴールデンウィーク前に新聞折込チラシを配布しましたが、忘れ去られてしまう感じがありましたので、休み中にもポスティングしたり、SNSで拡散したりしています。

大変ためになる勉強会になるらしいし(自分も初めて聞く内容ですので、とても楽しみです!)聞いておいて絶対に損はないと思いますので(参加無料ですし)、是非ご参加いただきたいと思います。ご一緒しましょう!!

PRサイト→ 後悔しないための賢い家づくり勉強会
カテゴリ :相田建設 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

お世話様でした

 2016-05-02
今日は、元社員さんからの紹介で解体する家屋から弊社恒例のバザー向けに使えそうな品物を持っていかないかとの話を受け、3人で搬出作業などを行いました。2階にあったマッサージチェアは大物で、階段からおろせないので2階の窓から下ろしましたが、以外とうまくおろせてホッとしました。その他にも冷蔵庫、洗濯機などいろいろ頂戴しましたがなんとか軽トラック1台に積むことができました。
一旦自社に戻ってよく確認したところ、ちょっとこれは売れないだろうなというものもあり、せっかくいただきましたので忍びないのですが、一部処分させていただくことにしました。しかしながら、こういうご好意のうえに成り立つのがバザーですのでありがたく作業させていただいたところです。もちろん購入していただく方も同様です。
今年も11月23日の勤労感謝の日に開催させていただく予定です。

同日、元社員の先輩と作業したメンバーで慰労会を行い、先輩にはご馳走になってしまい恐縮しているところです。
みなさんありがとうございました!。
カテゴリ :相田建設 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

新技術勉強会?

 2016-04-27
本日は、遠路足利市から前泊で某社のインストラクターさんにおいでいただき、我社としては新しい取り組みとしての商材の勉強会を行いました。その技術というのは新しいものではありませんが、日本ではあまり理解されていない「遮熱」というものです。
まずは熱の基本から始まり、実験などを通じて体感的に理解しながら、その商材をどのように使ったりPRしたりすればよいかなど、都合5時間ほど勉強しました。しかし、正直言ってすべて頭に入るわけもなく、そのインストラクターさんも5年かかったなどという内容ボリュームですから、半端ないですが、非常に活用できる商品かなと思っています。
段々とPRしてまいりますが、何でもそうですが、実際にやってみるしか無いというのが今のところの結論ですね。
しっかりとモノにしていきたいと思います!。乞うご期待!!。
カテゴリ :相田建設 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

起工式

 2016-04-21
いよいよF病院さんの増改築工事の起工式が執り行われました。
天気も上々。病院さんは稼働しているので、朝早く厳粛な中行われいよいよ始まるんだなあーと感慨深いものがありました。工期は約2年半。長丁場のようですがなかなか厳しい工期なのですね。当然のごとく、工期内で無事故で(いくら病院さんが目の前にあっても事故はダメです!)。完成して参りたいと思います。
カテゴリ :相田建設 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

地鎮祭in山形市

 2016-04-15
土用の直前ですが、地鎮祭を執り行いました。土用は土を動かしてはいけないとされる期間で、4月16日からとなっています。その辺のところを若い施主様へお伝えしながら行ったところです。
地域地域でいろいろな風習がありますが、山形市内はまだ一般的だと思います。しかし、もっと北のほうへ行くと「三隣亡」という風習があって、この年は家が建てられないとされています。正確に言えば建てることはできるのですが、3つのお隣さんが亡くなってしまうという年廻りなので、結果的に建てられないということなのですね。
この風習は我が業界にとっては困ったものです。昔は「三隣亡」ではなく「三隣宝」ということだったそうなのですが、妬みから来ているのかいつしか「三隣亡」となったという説があります。
家を建てるということは喜ばしいことなのですがねーといつも思います。
カテゴリ :相田建設 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫