スペイン語講座

 2017-09-02
一般社団法人支倉常長日西文化協会の自主事業で開催された「HASEKURAクルーズ」と称した、支倉常長講座に参加しました。まあ、主催者側でもあるのですが、自分も勉強しないと分かっていない部分も多いのでしっかりと参加させていただいたところです。
まずは支倉常長ってどんな人?ということで時代背景とともに興味深く教えていただきました。
講師を務めていただいた九里学園の遠藤先生はほんとに素晴らしい歴史の先生ですねー。いつお話を伺っても興味深く聞かせていただけます。そして、これまでもプチスペイン語講座はあった訳ですが、今回はこれまた九里学園のアイルランド出身で英語の先生のシンキンズ先生によるスペイン語講座でした。よくあるパターンは、日本語でこういう内容は、スペイン語ではこういうふうに言うんですよ、ということだと思いますが、今回はすべてスペイン語と身振り、板書だけでの講座でした。
どうなるかと思いきや、教え方が良いんでしょうねー、ちゃーんと理解できましたよ!(発音は別にしてですが)。スペイン語は日本人に馴染みやすいのだそうです。
短い時間でしたが、学生気分を味わえて良いひとときをすごさせていただきました。ありがとうございました!。
カテゴリ :未分類 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫