優越の錯覚

 2017-09-07
本日の米沢市倫理法人会モーニングセミナーで興味深いお話を聞きました。
倫理法人会は9月が年度替わりで今月から新年度。これを期に倫理研究所の当該地区の担当方面長が代わり、我が単会のモーニングセミナーで講話していただいたのが「優越の錯覚かたの脱却」というなんだか難しいテーマでした。
しかし、聞いてみると大変興味深いのです。
人はだれでも自分は人より2割ほど優れていると思っているというのです。でも実際はそうではないので、優越の錯覚、というわけです。ではなぜそうなのかという研究もあるそうですが、その内容よりも、その呪縛?からどうやって脱却するかということを純粋倫理の実践にあるということを話されていました。それはやってみなければわからないことなので是非実践、実験してみてくださいということでありました。で、それは何かというと、「即行即止」です。気づいたらすぐするということですね。
優越の錯覚は頭で考える時に発生すると言うので、考える前にやってしまう、ということです。
お試しあれ!。
カテゴリ :未分類 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫